現在のページ : HOME

出産内祝いとは?

出産内祝いというのは、もともと赤ちゃんが生まれた喜びをこめ、親戚、友人や知人らに配るものとされていました。
しかし、今現在では、内祝いというと、出産祝いをいただいた方に、お返しとして贈ることが一般的となっているようです。

出産内祝いは、出産祝いの御返しという考え方なのです。
さて、出産内祝いは、いつ頃に贈るのが適しているでしょうか。
それは、正式に行うとするならば、生後1か月ごろのお宮参りの頃になります。
しかし、最近は生後1か月前にお祝いをいただくことも多くなっています。
そこで、生後1か月頃にまとめて内祝いを贈る方法が増えているようです。
それ以降に、出産祝いをいただいた場合、その都度、内祝いを贈るようにします。

出産内祝いにつける「のし」は、紅白の花結びのしを使います。
水引の上には「内祝」、下には誕生した赤ちゃんの名前を書きます。
最近の赤ちゃんの名前は、読みにくいケースが多々あるので、そうした場合、振り仮名をつけると良いでしょう。

「のし」以外にも、「命名札」を付ける風習を行っている地域もあります。
「命名札」とは、短冊状のもので、その上に「命名」を、下に赤ちゃんの名前を記入します。
近年では、「命名札」を省略して、赤ちゃんの名前を入れた「のし」だけだったり、出産内祝いに、赤ちゃんの写真、名前や誕生日を付けて贈る方が増えています。

出産内祝いの届け方として、のしや包装のない状態、カードや挨拶状もなく贈るのはマナー違反です。
いくら親しい間柄であれ、マナーは守りたいものです。


※注目サイト
高級なお米を選んで出産内祝い用のギフトセットにした通販サイトです ⇒ 出産内祝い 通販